XMのMT4おすすめ初期設定方法【画像付きで解説】

XMではさまざまな取引ツールが利用できます。
中でも人気のツールは、MT4(MetaTrader 4)です。

本記事で紹介するのは、XMでMT4を使う上で欠かせない設定方法です。
ダウンロードがお済み出ない方は、まずXMのMT4ダウンロード記事を参考にしてから設定を行いましょう。

XM(XM trading)のMT4ダウンロード方法【Windows版】

XMのMT4初期設定

XMでMT4をダウンロードできたら、下記の初期設定を行いましょう。

  • MT4にログイン
  • 取引をしたい銘柄の表示

それぞれを手順付きで詳しく見ていきます。

MT4にログイン

MT4のダウンロード後は、自動でログインされるわけではなく、自身で必要情報を入力してログインを行います。
MT4の左上にある、「ファイル」→「取引口座にログイン」の順でクリックをしましょう。

すると、上画像のようなログイン項目が表示されます。

入力内容は以下の通りです。

項目入力内容
ログインID口座開設時にメールで届いたIDを入力
パスワード口座開設時に設定した任意のパスワードを入力
サーバー口座開設時にメールで届いたサーバー情報を選択

この項目の中でも、特にサーバー情報は注意をしてください。

上画像のように複数の選択項目が表示されますが、どれを選んでもいいというわけではないです。

口座開設完了時にXMからメールが届きますが、その時にサーバー情報を指定した項目が記載されています。

メールを紛失してしまった場合は、XMのサポートに問い合わせるか、追加口座開設をして再度IDやサーバー情報を発行しましょう。

入力後に下のログインをクリックすれば、ログインが完了して値動きがリアルタイムレートに合わせて動きだします。

r

ログインしていない状態では、MT4画面の右下に回線不通と表示されています。

ログインが完了すると、上画像のように〇〇/〇kbと数字が表示されるので、確認をしておきましょう。

ログイン時は「ログイン情報を保存する」にチェックをしておくと、一度ログアウトして再ログインする際に便利です。

銘柄の表示

XMでは、以下の豊富な銘柄から取引ができます。

銘柄種類
通貨ペア57銘柄
貴金属2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
エネルギー5銘柄(先物)
商品10銘柄(先物)
株価指数18銘柄(現物)
10銘柄(先物)

このようにとても豊富ですが、初期設定時にはメジャー通貨の3銘柄ほどしか表示されていません。

他の銘柄を追加する際は、自身で追加作業をする必要があります。

銘柄を追加する場合はまず、MT4チャート左上にある「ファイル」→「新規チャート」の順にクリックしましょう。

すると、画面上にメジャー通貨が一覧形式で出てくるので、表示させたいものをクリックすればチャートが出せます。

中には、そこに追加されていない銘柄もあるので注意しましょう。

その場合は、MT4上部の「表示」→「通貨ペアリスト」をクリックして、銘柄の追加作業を行います。

この中には、XMで取引できる全ての銘柄が表示されます。

銘柄名の左にある、$のマークが黄色になっていない銘柄は、新規チャート上に表示されていない銘柄です。

ダブルクリックをすると黄色に変わるので、追加したい銘柄をダブルクリックしましょう。

その後「閉じる」をクリックして、再度新規チャートを選択すれば追加した銘柄のチャート表示ができます。

口座タイプ表示名(USD/JPYの場合)
スタンダード口座USD/JPY
マイクロ口座USD/JPYmicro
ZERO口座USD/JPY.

上記のように、口座タイプによって若干の表示名が異なるので注意しましょう。

XMの取引でおすすめのMT4設定方法

次に、XMのMT4に関するおすすめの設定方法を見ていきます。

MT4は自由なカスタマイズ機能が魅力のプラットフォームです。

設定の前には、チャートの保存機能を把握したうえで行ってください。

一度カスタマイズしたチャートは、MT4上部にあるチャートの項目をクリックする事で保存ができます。

クリック後に「定型チャートを保存する」をクリックして、自身で分かりやすい名前を付けて保存可能です。

複数銘柄で同じチャートにしたい場合に便利な機能なので、一度カスタマイズをしたらこの保存方法を使っておきましょう。

ローソク足チャートに設定

FXのトレーダーは、分析時にローソク足を使って分析をしている方がほとんどです。

MT4チャートの左上にある、ローソク足の項目をクリックすると、チャートがローソク足で表示可能です。

MT4チャートにはローソク足以外にも、バーチャートやラインチャートといったものがありますが、初心者の方であればローソク足での分析を極めると効率が良いでしょう。

ローソク足には値動きだけでなく、形状から相場状況や投資家心理が読み取れるものです。

各銘柄でローソク足表示にして、精度の高い分析ができるようにしておきましょう。

インジゲーターの表示

MT4には様々なインジゲーターが標準搭載されています。

インジゲーターとは、相場状況を価格だけでなく、統計や様々な計算式を用いて分析をするツールです。

表示をさせる際は、MT4チャート上部の「挿入」→「インディケータ」の順にクリックすると、豊富なインジゲーターが表示可能です。

項目特徴
トレンドトレンド相場の強弱を分析するもの
オシレーター相場の買われすぎ、売られすぎを分析するもの
ボリューム相場の出来高を分析するもの
ビル・ウィリアムストレンド転換や相場の買われすぎ、売られすぎを分析するもの
カスタム標準搭載ではない、オリジナルインジゲーター

上記のように、インジゲーターと言っても様々な種類があります。

メインチャートに表示されるものもあれば、サブチャート上に表示されるものなどと表示方法も様々です。

あまりに複数のインジゲーターを入れると、チャートが見にくくなってしまうので、厳選したものを追加するようにしましょう。

時間足の設定

MT4では、1分から1か月の間で9つの時間足が搭載されています。

1分足→1分の間でできた値動き、5分足→5分の間でできた値動きといったように、それぞれの時間足によって表示内容が変わる仕組みです。

時間足は、MT4チャート上部に記載された時間をクリックすると設定可能です。

MT4表示名時間足
M11分足
M55分足
M1515分足
M3030分足
H11時間足
H44時間足
D1日足
W1週足
MN月足

ポジションを持って長期保有するのであれば、日足や週足で分析してもよいでしょう。

スキャルピングのような短期売買手法は1分や5分といった短い時間足、デイトレードでは30分や1時間足というように、トレードスタイルによって使い分ける方が多いです。

時間足にも正解はないので、自身の手法に適したものを表示させるようにしましょう。

EAの設定

XMではEA(自動売買)の利用が公式に認められています。

EAとは決められた売買プログラムに沿って、自動で売買をするシステムの事です。

完全放置で売買を行うので、チャートを見る時間が少ない方や、分析ができない初心者に人気があります。

EAの設定方法は、XMのEA設定記事にて詳しく解説をしているので、ぜひご覧ください。

チャートの色設定

MT4チャートは、自由に色の設定も行えます。

チャート上で右クリックをして、「プロパティ」という項目を選択→色の設定を選択しましょう。

すると、上のような配色設定画面が表示されます。

ローソク足の細かい色だけでなく、背景や文字色まで自由にカスタマイズ可能です。

チャートを長時間見る際に目が疲れない色設定や、気分転換などを目的に行うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA